きめ細かいパスワードポリシー(PSO)の実装~その1~

PSO実装時の考慮点

  • PSO設定に専用ツールはないので、ADSIエディタまたはLDIFDEを使用する
  • PSOはユーザーまたはグローバルグループにのみ適用できる
  • ドメイン機能レベルがWindows Server 2008でなくてはいけない

(参考)細かい設定が可能なパスワードおよびアカウント ロックアウトのポリシー設定

あらかじめこれから作成するPSOの内容を決めておくことをお勧めします。決めておかなくてはならない項目は次の通り

PSOには既定のドメイン ポリシーで定義可能なすべての設定の属性が備わっています (Kerberos 設定は除く)。

この設定には、次のパスワード設定の属性があります。

  • パスワードの履歴を記録する (msDS-PasswordHistoryLength)
    0~1024
  • パスワードの有効期間 (msDS-MaximumPasswordAge)
    msDS-MinimumPasswordAge値~
    なし
  • パスワードの変更禁止期間 (msDS-MinimumPasswordAge)
    00:00:00:00(日:時:分:秒)
    なし
  • パスワードの長さ (msDS-MinimumPasswordLength)
    0~255
  • パスワードは、複雑さの要件を満たす必要がある (msDS-Password-ComplexityEnabled)
    FALSE/TRUE(推奨値:TRUE)
  • 暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する (msDS-PasswordReversibleEncryptionEnabled)
    FALSE/TRUE(推奨値:FALSE)

これらの設定には、次のアカウント ロックアウト設定の属性も含まれます。

  • ロックアウト期間 (msDS-LockoutDuration)
    msDS-LockoutObservationWindow値~
    なし
  • アカウントのロックアウトのしきい値 (msDS-LockoutThreshold)
    アカウント ロックアウトのポリシーを無効にするには、msDS-LockoutThreshold 属性に値 0 を指定します
    0~65535
  • ロックアウト カウンタのリセット (msDS-LockoutObservationWindow)
    00:00:00:01~msDS-LockoutDuration値
    なし

2010/03/09 追記

*なし の項目は(なし)と入力する必要があります<半角のかっこ”(”と、日本語の”なし”と半角のかっこ”)”>ただし、インターフェイスは日本語入力ができないのでメモ帳で入力し、コピー&ペーストで張り付ける必要があります。

さらに、PSO には次の 2 つの新しい属性があります。

  • PSO リンク (msDS-PSOAppliesTo)
    ユーザー オブジェクトまたはグループ オブジェクトにリンクされる複数値属性です。
  • 優先順位 (msDS-PasswordSettingsPrecedence)
    ユーザーオブジェクト またはグループ オブジェクトに複数の PSO が適用されている場合に、競合を解決するために使用される整数値です。

msDS-PSOAppliesTo を除くすべての属性は、mustHave 属性です。つまり、各属性に値を指定する必要があります。異なる PSO の設定を結合することはできません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*