グループポリシーのアーキテクチャ~その2~

ここでグループポリシーのまとめをします。

Windows Server 2008になってアーキテクチャが変更されたのは前回お話しいたしました。

そこで今回は疑問が生じるであろう内容をQ&A形式で書いてみます。

Q.もうadmテンプレートは必要ないのか?

A.はい、特に必要ありません。ただし、以前のカスタムadmファイルを使用することはできます。

Q.以前のカスタムadmテンプレートをVistaやw2008に適用できるの?

A.はい、できます。

Q.admxファイルで記載されている内容はXPでも使えるの?

A.はい、使えます。GPOの大原則として「テンプレートには依存しない!」ということです。

Q.admxファイルの編集ができるのはどのOS

A.Vistaとw2008です

ここで考えると、admテンプレートは過去のものとなりつつあります。理想は全てadmxにしてセントラルサイトを構築することになりますね~

では、今まで使用していたカスタムadmをadmxに自動的に変換できないのか?

回答としてはできないことはないとなります。

一応、マイクロソフトからADMX Migratorというツールが提供されています。

ということで、試しにマイクロソフトより提供されているOffice2003用のadmテンプレートを変換してみました。

Microsoft Office 2003 Service Pack 3 ADM、OPA、および説明文の更新プログラム

ん、エラーが出て変換がうまくいきません。

どうやらこのツールが想定する文法通りに記載されていないとうまくいかないようです。

admx

文字化けも結構ひどいかも~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*