Windows Server 2008 の便利な機能(HDD編)

システムの運用をしていると、ハードディスクのパーティションを拡張や縮小などしたい・・・

というニーズはあったと思います。

Windows Server 2003 の時はハードディスクの拡張はdiskpartコマンドを使用することによりできました。ただし、システムドライブは除く。

(参考)ベーシック ボリュームを拡張する

もしくはサードパーティ製の製品(Drive Imageなど)を使用していたんではないでしょうか?

実はWindows Server 2008 ではハードディスクの拡大、縮小がサポートされたんです。

ディクスの管理より対象のパーティションを選択して右クリックします。

HDD1

そしてボリュームの拡張もしくは圧縮を選択することができます。

HDD2

そして適切な数値を入力します。

HDD3

今回は縮小をしてみました。

まとめ

何気にこんなところが機能アップしていました。特にシステム領域も縮小、拡大がサポートされたのがGOODです。例えば、とりあえずフルでシステム領域をとってしまって、後からBitLockerを使ったハードディスク暗号化をしたい場合、専用パーティションを作成することができますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Makoto より:

    パーティションを拡張や縮小についてもしご存知でしたら教えてください。これは、RAID構成のハードディスクに対して実行した場合でも特に問題はでないのでしょうか。

  2. Naoki より:

    残念ながら試したことがないのでわかりません。会社にRAID構成のサーバーがあるのでチャンスがあったら試してみますね~たぶん大丈夫だと思うのですが・・・なんとなくですがRAID0なら問題ないような。RAID5は・・・どなたか試された方がいらっしゃったらコメント残していただけると助かります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*