フェールオーバークラスタのフェールオーバー上限値のバグ

この情報は同僚から調べてほしいと言われた内容なんですが、せっかくなのでアップしておきます。

現象:グループのプロパティでフェールオーバーの上限数を2回に設定したとき、1回しかフェールオーバーしない。

作業手順は下記の通りです。

  1. 2ノードクラスタ上にVAN-Printという名前のプリントサーバーのグループを作成。
  2. VAN-Printのプロパティの[フェールオーバー]タブで、[指定した期間内の最大エラー数]を2に。[期間]は6(時間)のままとする。
  3. VAN-Printグループ内の[印刷スプーラ]リソースを右クリックし、[このリソースのエラーをシュミレーションする]ことで意図的に障害を発生させ、フェールオーバー回数を確認。

確認結果:

フェールオーバーの上限数を1~4回まで設定を変えて動作を確認しました。

その結果は下記の通りです。

  • [指定した期間内の最大エラー数]を1にしたとき → 1回までフェールオーバー
  • [指定した期間内の最大エラー数]を2にしたとき → 1回までフェールオーバー
  • [指定した期間内の最大エラー数]を3にしたとき → 3回までフェールオーバー
  • [指定した期間内の最大エラー数]を4にしたとき → 4回までフェールオーバー

[指定した期間内の最大エラー数]を1回、3回、4回に指定した時は、予定通りの動作ですが、2回に設定したときだけ、通常より1回少ない回数しかフェールオーバーしません。

というものです。

調べた結果、これは既知の問題としてあがっていました。

The default group failover threshold value in the Windows Server 2008 Failover Cluster Management snap-in is incorrect

どうやらSP2でも直っていないようです。しかしWindows Server 2008 R2 では解消されているようです。

クラスタを構成している場合はこの情報を認識しておいたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*