Windows7 のベースイメージを作成する

Hyper-Vで使用するWindows7のベースイメージを作成してみました。今までは差分ディスクを使わずにインストールしていたのですがさすがにめんどくさくなったので・・・

まずは、Hyper-VでWindows7をインストール。今回使用したISOはSP1込のものを使用しました。

そして、最新の更新プログラムをインストールして準備完了。

先に重要なことを書きます。

Windows7 でSysprepを実行すると

WS000019

このようなエラーが出ます。

Windows Automated Installation Kit for Windows 7 Readme

こちらを見ると、既知の問題として載っていました。

Windows7でSysprepを行うにはWindows Media Player Network Sharing Serviceを停止する必要があります。

これでかなり悩んだ・・・

また、応答ファイルを使用せずにSysprepをかけると追加したドライバなどが外れます。更にSysprepは3回まで可能ですが、それを回避する設定を行います。

ではここから応答ファイルの作成です。

WS000000

System Image Manager を起動し、Windows 7 Enterprise カタログをISOイメージから選択します。

WS000001

まずはRearmの処理を行います。

http://support.microsoft.com/kb/929828/ja

こちらが参考ページ

WS000002

そして、これはWindows7では必ずやっておかないとはまる設定。この設定を行わないと、Sysprepを実行後に追加したドライバーが削除されてしまいます。

WS000003

ロケールの設定

WS000004

ディスプレイの設定

WS000005

ローカルAdministratorのパスワード設定

WS000006

OOBEセットアップ部分

・HomeEULAPage:使用許諾契約を表示しない(自動的に許諾する)
・NetworkLocation:コンピュータの場所(家庭-Home、職場-Work、公共の場所-Other)
・ProtectYourPC:自動更新の設定(推奨設定は1)
・SkipMachineOOBE:コンピュータ名の入力画面のスキップ
・SkipUserOOBE:デフォルトユーザー名の入力画面のスキップ

ここの設定をしても動作が怪しいです。特にNetworkLocationは設定してあるにもかかわらず聞いてきました。

WS000007

オートログオンで使用するアカウントのパスワード

WS000008

ここの設定をしておけば、administratorアカウントが有効になります

WS000009

ここでタイムゾーンや組織名などの入力。2バイト文字は使用できませんので注意が必要。

WS000010

もしオートログオンでadministratorを有効にしないのならば、ローカルアカウントを作ってadministratorsグループに入れておきましょう。

WS000011

ドメインに参加させるにはここに入力

WS000012

ここも忘れずに

WS000013

オートログオンでドメインを登録。ちなみにログオンカウントを2回にしておきます。理由はドメインに参加後にコンピューターアカウント名の変更を行いリブートするからです。

WS000015

ここで、ドメイン参加後のバッチの登録

setlocal
set /p num=番号:
net user administrator /active:yes
wmic ComputerSystem WHERE "name = '%computername%' " Call Rename "Win7-%num%"
endlocal
shutdown /r /t 0

これがコンピューター名変更バッチファイル

実は、ドメインに参加させると、ローカルのadministratorが無効になるのでそれを有効化させてもいます。

ワークグループ用は

<pre><?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="generalize">
        <component name="Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <SkipRearm>1</SkipRearm>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-PnpSysprep" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <PersistAllDeviceInstalls>true</PersistAllDeviceInstalls>
        </component>
    </settings>
    <settings pass="oobeSystem">
        <component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <InputLocale>0411:00000411</InputLocale>
            <SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
            <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
            <UserLocale>ja-JP</UserLocale>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <Display>
                <ColorDepth>32</ColorDepth>
                <DPI>120</DPI>
                <HorizontalResolution>1024</HorizontalResolution>
                <RefreshRate>60</RefreshRate>
                <VerticalResolution>768</VerticalResolution>
            </Display>
            <OOBE>
                <HideEULAPage>true</HideEULAPage>
                <HideWirelessSetupInOOBE>true</HideWirelessSetupInOOBE>
                <NetworkLocation>Work</NetworkLocation>
                <ProtectYourPC>1</ProtectYourPC>
                <SkipMachineOOBE>true</SkipMachineOOBE>
                <SkipUserOOBE>true</SkipUserOOBE>
            </OOBE>
            <AutoLogon>
                <Password>
                    <Value>UABhACQAJAB3ADAAcgBkAFAAYQBzAHMAdwBvAHIAZAA=</Value>
                    <PlainText>false</PlainText>
                </Password>
                <Username>administrator</Username>
                <Enabled>true</Enabled>
                <LogonCount>1</LogonCount>
            </AutoLogon>
            <TimeZone>Tokyo Standerd Time</TimeZone>
            <RegisteredOwner>Learning Solution</RegisteredOwner>
            <RegisteredOrganization>Edifist Learning</RegisteredOrganization>
            <ShowWindowsLive>false</ShowWindowsLive>
        </component>
    </settings>
    <cpi:offlineImage cpi:source="catalog:f:/sources/install_windows 7 enterprise.clg" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend></pre>
&nbsp;

ドメイン参加用は
<pre><?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="generalize">
        <component name="Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <SkipRearm>1</SkipRearm>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-PnpSysprep" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <PersistAllDeviceInstalls>true</PersistAllDeviceInstalls>
        </component>
    </settings>
    <settings pass="oobeSystem">
        <component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <InputLocale>0411:00000411</InputLocale>
            <SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
            <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
            <UserLocale>ja-JP</UserLocale>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <Display>
                <ColorDepth>32</ColorDepth>
                <DPI>120</DPI>
                <HorizontalResolution>1024</HorizontalResolution>
                <RefreshRate>60</RefreshRate>
                <VerticalResolution>768</VerticalResolution>
            </Display>
            <OOBE>
                <HideEULAPage>true</HideEULAPage>
                <HideWirelessSetupInOOBE>true</HideWirelessSetupInOOBE>
                <NetworkLocation>Work</NetworkLocation>
                <ProtectYourPC>1</ProtectYourPC>
                <SkipMachineOOBE>true</SkipMachineOOBE>
                <SkipUserOOBE>true</SkipUserOOBE>
            </OOBE>
            <AutoLogon>
                <Password>
                    <Value>UABhACQAJAB3ADAAcgBkAFAAYQBzAHMAdwBvAHIAZAA=</Value>
                    <PlainText>false</PlainText>
                </Password>
                <Username>administrator</Username>
                <Enabled>true</Enabled>
                <LogonCount>2</LogonCount>
                <Domain>fabrikam.com</Domain>
            </AutoLogon>
            <TimeZone>Tokyo Standerd Time</TimeZone>
            <RegisteredOwner>Learning Solution</RegisteredOwner>
            <RegisteredOrganization>Edifist Learning</RegisteredOrganization>
            <ShowWindowsLive>false</ShowWindowsLive>
            <FirstLogonCommands>
                <SynchronousCommand wcm:action="add">
                    <CommandLine>c:name.bat</CommandLine>
                    <RequiresUserInput>true</RequiresUserInput>
                    <Order>1</Order>
                </SynchronousCommand>
            </FirstLogonCommands>
        </component>
    </settings>
    <settings pass="specialize">
        <component name="Microsoft-Windows-UnattendedJoin" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <Identification>
                <Credentials>
                    <Domain>fabrikam.com</Domain>
                    <Password>Pa$$w0rd</Password>
                    <Username>administrator</Username>
                </Credentials>
                <JoinDomain>fabrikam.com</JoinDomain>
            </Identification>
        </component>
    </settings>
    <cpi:offlineImage cpi:source="catalog:f:/sources/install_windows 7 enterprise.clg" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend></pre>

となりました。

後は、出来上がった応答ファイルをコピーして

sysprep /generalize /oobe /shutdown /unattend:c:unattend.xml

コマンドを実行すればOK

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. naonao71 より:

    IME2010を使用している場合は次のサイトも参考になります。
    http://remarque.blog50.fc2.com/blog-entry-117.html

  2. kusana より:

    数十種の機種で7のイメージを作ってますが、
    Windows Media Player Network Sharing Serviceを停止しなくとも、
    「コンピュータのsysprepを実行中に致命的なエラー~」
    このエラーが出たことがありません。
    Sysprepの回数制限を知らない時は出ましたが。

    >また、応答ファイルを使用せずにSysprepをかけると追加したドライバなどが外れます。
    これもIntel HD GraphicsとAccelerometerP11は外れてしまいますが、
    他のドライバは外れたことがありません。

    環境による違いということでしょうかね?

    仕様機種:2007年~2012年のDELL製PC(ノート、デスク共)、同年代のFMVノート数種
    OS:Win7HP、Pro、Ultiの各x86、x64

    • naonao71 より:

      こればかりは、おっしゃるとおり環境による違いとしか言えませんね。こちらに書いたことは実際に私が体験したことなので、このようなこともありますよと捉えていただき、同じトラブルがあった際には参考になれば幸いです。

  3. toshi104 より:

    はじめまして。普段から記事を読ませて頂き、大変参考にさせて頂いています。
    Windows7のSysprep応答ファイルについて勉強しているところなのですが、
    Skiprearmの設定において、
    【Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC】のコンポーネントを利用されていますが、
    Microsoftでは『Windows7』から【Microsoft-Windows-Security-SPP】を推奨する旨の記載をしているページを幾つか見かけました。

    ※【Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC】の方はVista(とXP?)までが推奨のようです。

    ■1カ所目→ 本記事の「http://support.microsoft.com/kb/929828/ja」にある、「次のテキストは Windows 7 の XML 応答ファイルの一例です。」という所

    ■2カ所目→ 「http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff715480.aspx」にある「重要」欄の英文

    しかしながら、Windows7でも【Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC】を使ってSkiprearmを有効化できる様ですね。
    来年にはWindows9も出るので今更感はありますが恐れながら情報共有まで。。

    失礼いたしました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*