Sandy Bridge と Hyper-V

そろそろ、第二世代Coreプロセッサーである Sandy Bridge を搭載した PC/Server を使い始めた方も多いと思います。

私はまだまだ余裕はなく、年末あたりに入手したいな~なんて思っている次第です。

さて、本題ですがこのCPUを搭載したPCで「Windows Server 2008 R2」ホストの仮想マシンが起動しないようです。

次のようなエラーメッセージが表示されます。

選択した仮想マシンの起動中にエラーが発生しました。
<仮想マシン名> を初期化できませんでした。

<仮想マシン名> を初期化できませんでした (仮想マシン ID <仮想マシン GUID>)

またイベントログには、[アプリケーションとサービス ログ] の [Hyper-V-Worker] ノードにイベント 3040 が記録され、次のようなエラー メッセージが記録されます。

<仮想マシン名> パーティションのプロパティを設定または変更できませんでした

この原因は Sandy Bridge に搭載された拡張命令である、「AVX」が原因です。

AVXはSIMD演算命令であるMMX/SSEの延長線上にあるテクノロジーということです。

現在の Windows Server 2008 R2 ではこの「AVX」をサポートしていないのが根本的な問題とのことでした。

Windows Server 2008 R2 が搭載され、AVX 機能をサポートする CPU が搭載されているコンピューター上で仮想マシンを起動できない

こちらに対処方法が載っていました。

ちなみに、Windows Server 2008 R2 SP1 では「AVX」はサポートされています。

ということで、最新のOSを使用していれば特に問題ないと思われますが、企業などでSP1を当てない状態での運用をされている方は要注意ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. .NET Clips より:

    Sandy Bridge と Hyper-V « MCTの憂鬱…

    素敵なエントリーの登録ありがとうございます – .NET Clipsからのトラックバック…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*