Virtual Machine Manager, System Center 2012 SP1 の Install

再度 Virtual Machine Manager, System Center 2012 SP1 の Install を行いましたので備忘録として載せておきます。

VMM 2012 SP1 の要件を確認します。

System Requirements: VMM Management Server

Windows Server 2012 が必須になっていますね。そして今回はSQLサーバーは SQL Server 2012 SP1 を使用します。

SQLサーバーのインストールを行いますが、その前に .NET Framework 3.5 をインストールしておきましょう。これはSQLサーバーが必要なコンポーネントなので先にインストールしておきます。インストールにはインターネット接続かメディアが必要になります。

WS000000

WS000001

そしてSQLサーバーのインストールです。

System Requirements: VMM Database

照合順序に関しては指定がないのでデフォルトでインストールしました。VMMに必要なのはデータベースエンジンのみなのですが、管理ツール位はインストールしておきます。

WS000003

あとは基本的にデフォルトですね。

WS000004

サービスアカウントですが、今回はドメインアカウントを使用。

WS000005

管理者はドメインの管理者である、administrator にしておきます。

WS000006

これでインストールしておきます。

次にADKのインストールです。

Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) for Windows 8

Deployment Tools と Windows PE をインストールしておきます。

WS000002

そして VMM のインストールです。

WS000007

VMM Self-Service Portal がなくなったのがわかりますね。App Controller を使いなさいということになります。

そして、次の画面が出てきました。

WS000008

コマンドラインユーティリティをインストールしなさいとの警告が・・・

Microsoft SQL Server 2012 SP1 用 Feature Pack

よりダウンロードしてインストールして前提条件の再確認を行い進めます。

WS000009

新しいDBを作成するのでデフォルトですね。

WS000010

サービスアカウントはローカルシステムアカウントでもいいのですが、今回はドメインアカウントを使用。事前にローカルの administrators グループのメンバーにドメインアカウントを追加しておきます。

WS000011

あとは、インストールが終わるのを待つのみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*