Windows Server 2012 Hyper-V のベスト・プラクティス~その2

海外のブログに
Windows Server 2012 Hyper-V Best Practices (In Easy Checklist Form)
がありましたので、これを参考にまとめてみました。

下記に書かれていることは基本的に、紹介したブログに書かれていることですが、完全な翻訳ではありませんので私の主観も混じっています。是非、本家のブログも参考にしてください。

Windows Server 2012 Hyper-V のベスト・プラクティス~その1

物理NIC編

  • NICの最新のファームウェアは常に最新の状態に維持する
  • NICの最新ドライバがホストに適用されていることを確認する。最新のドライバを使用することで、既知の問題の解決につながり、パフォーマンスの向上につながる。
  • VMQを有効化するには外部仮想スイッチにVMQ対応NICをバインドします。
  • TCP Chimney オフロード は Windows Server 2012 の NIC チーミング ではサポートされていません。

TCP Chimney オフロード のステータス表示
netsh int tcp show global

TCP Chimney オフロードの拒否設定
netsh int tcp set global chimney=disabled

  • CSV(ノード間通信)、iSCSI、ライブマイグレーションネットワークにおいては、ジャンボフレームの設定(9000もしくは9014MTU)を行う。これにより、CPU負荷を削減しながら、スループット向上が見込まれます。この際の注意点は以下のとおり。
    ・エンドツーエンドで構成が行われなければならない(NIC、SAN、スイッチがすべてジャンボフレームをサポートしている必要がある)
    ・2ノードクラスターでクロスケーブルを使用するときは、ジャンボフレームが使用出来る。
    ・ジャンボフレームが適切に設定されているかどうかを確認するには次のコマンドを実行します。

ping <IPアドレス> –f –L 8000

  • iSCSIに使用するNIC以外は、全てのNICのネットワーク・プロトコルはチェックされている必要がある。
  • iSCSIでNICチーミングはサポートされない。よって、MPIOを使用するのが最良の方法となります。NICチーミングは管理用、VM用、CSV、ライブマイグレーション上で使用することができる。ただし、CSV(ノード間通信)ではメトリックによる制御が推奨される。
  • 管理用、VM用、CSV、ライブマイグレーションでNICチーミングを使用する場合は、ネットワークの割り当て設定を行う前にNICチームを作成する。
  • ゲストVMでNICチーミングを使用するのは、SR-IOVを使用している場合になります。もし、ゲストVMでNICチーミングを使用する場合は次の通り。

VMの設定より、[ネットワークアダプター]-[高度な機能]より、[NICチーミング]の「このネットワークアダプターがゲストオペレーティングシステムのチームに参加できるようにする」にチェックする

WS000002

もしくはPowerShellより次のコマンドを実行する
Set-VMNetworkAdapter –VMName contoso-vm1 –AllowTeaming On

  • 管理用NICとVM用NICは分離する。よって、VM用NICを作成する際、外部ネットワークの作成時に、「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプタの共有を許可する」のチェックを外す。

Hyper-V_NIC

  • クラスター作成時には次のネットワーク構成が推奨。

・管理用
・VM用
・CSV/HeartBeat(クラスターノード間通信)
・ライブマイグレーション用
・iSCSI用(クラスターネットワークの設定で「このネットワークのクラスターネットワークの通信を許可しない」にチェック入れる)
image

  • レガシネットワークアダプターはPxEブートを使用してゲストVMを起動する場合に使用する。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*