機能レベルに関して

Windows Server 2012 になって、機能レベルがどのようになったかを調べました。

そもそも、今まではドメイン及びフォレストの機能レベルに関しては一旦あげてしまったら元に戻すことはできないとなっていました。しかし、Windows Server 2008 R2 より条件付きですがその制限が解除されました。

では Windows Server 2012 ではどのようになったのか?

Understanding Active Directory Domain Services (AD DS) Functional Levels

これを見ると、わかりますが図にしてみました。

スライド1

スライド2

通常GUIを使用して機能レベルの昇格を行いますが、降格に関しては PowerShell を使用します。

コマンドとしては、「Set-ADDomainMode」 もしくは 「Set-ADForestMode」を使用します。確認するには Set を Get に置き換えればできます。

ということで、実行してみました。

こちらが実行前の状態

WS000000

そして次のコマンドを実行

Set-ADForestMode –ForestMode windows2008forest –Identity adatum.com

WS000001

見事に降格されました。

とまあ、降格ができるのですが必要に迫られない限り行わないでください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*