よろしい、ならば第 1 世代の仮想マシンを第 2 世代に変換だ

とりあえず、すいません。またまた、ホッテントリメーカーのお世話になりました。

Windows Server 2012 R2 の仮想マシンにはバージョンがあり、第 1 世代と第 2 世代を選択して作成することができます。ただし、1 度作成した世代のマシンを変換することはできません。

というのが、マイクロソフトからのメッセージでした。

ところが、第 1 世代の仮想マシンを第 2 世代の仮想マシンに変換してくれるスクリプトが提供されました。

Hyper-V generation 2 VM conversion utility (Convert-VMGeneration)

これは興味深いツールなのでさっそく試してみました。

gen変換

なんだかエラーがでますが、無事終了しました。

#Integration Services
Write-Info ” – Integration Services…”
$ICs = Get-VMIntegrationService $SourceVM
ForEach ($IC in $ICS) {
if ($IC.Enabled) {
Write-Verbose (“Enabling IC ” + ($IC.Name))
Enable-VMIntegrationService -Name $IC.Name -VM $NewVM
} else {
Write-Verbose (“Disabling IC ” + ($IC.Name))
Disable-VMIntegrationService -Name $IC.Name -VM $NewVM
}
}

なんだか、このセクションでエラーが出ているようです。たぶん、日本語 OS 特有の問題かと・・・

PS C:Usersadministrator.CONTOSO> get-VMIntegrationService -VMName dc1

VMName Name                             Enabled PrimaryStatusDescription SecondaryStatusDescription
—— —-                             ——- ———————— ————————–
DC1    時刻の同期                       True    OK
DC1    ハートビート                     True    OK                       OK
DC1    キー値ペア交換                   True    OK
DC1    シャットダウン                   True    OK
DC1    VSS                              True    OK
DC1    ゲスト サービス インターフェイス False   OK

こんなエラーなのでね

Enable-VMIntegrationService : パラメーターが無効です。指定された統合サービス名が無効です。ワイルドカードを使用するか、次のいずれかの有効な統合サービス名を指定してください: ‘Time Synchronization’、’Heartbeat’、’Key-Value Pair Exchange’、’Shutdown’、’VSS’、または ‘Guest Service Interface’

ここらへんは、PowerShell の人がちょこちょこっと変更してくれると思います(誰となく)

とまあ、エラーがでますが変換終了して起動してみました。

gen変換2

第 1 世代のW2012R2は残ったままで、新しく第 2 世代の仮想マシン「W2012R2(Generation 2)」が作成されます。

gen変換3

今回、急遽 Windows Server 2012 R2 で第 1 世代の仮想マシンを作成してみましたが、無事変換できました。そうそう、以前紹介した AVMA は検証環境では重宝しますね。Sysprep前に AVMA のキーを入力しておけば展開時にライセンス認証を気にする必要はありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Yamauchi Kazuo より:

    よろしい、ならばちょこちょこっと変更してみました。
    http://yamanxworld.blogspot.jp/2013/11/convert-vmgenerationps1.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*