Windows Server の評価版から製品版への移行

Windows Server の評価版をダウンロードして、さまざまな評価を行うことができます。その後、そのまま使い続けたいという場合もあるでしょう。その場合は、評価版を製品版に移行することができます。

Windows Server 2012 の評価バージョンとアップグレード オプション

こちらに詳細が載っていたので検証してみました。

まずは、現状の確認をします。

WS000000

評価版の場合、ライセンス認証を行うと180日間有効なことが画面右下に表示されます。これがカウントダウンされていきます。

そして、次のコマンドでライセンス情報を確認します。

slmgr /dli

WS000002

ServerDatacenterEval Edition であることが確認できます。

そこで次のコマンドを実行します。

DISM /online /Set-Edition:<edition ID> /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula

WS000008

ここで、「Y」を押すと再起動します。

そして起動後には製品版として認証を行います。自動で行わない場合は次のコマンドを実行します。

slmgr /ato

詳細を確認すると

WS000011

このように製品版としてライセンス認証ができました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*