Windows10 を KMS で認証するには

authentication

KMS ホストの要件

Windows10 の KMS ホストは、既存のサーバーを使用する際には注意が必要です。

Windows10の認証をサポートしているサーバーは Windows Server 2008 R2 以降(Windows7)Windows Server 2012 以降(Windows8)になります。よって以下の KMS ホストはサポートしません。

*2015年11月12日追記

どうやら状況が変わって、Windows7 と Windows Server 2008 R2 の KMS ホストも Windows10 の認証をサポートしたようです。

Update that enables Windows 7 and Windows Server 2008 R2 KMS hosts to activate Windows 10

  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2003

これらのサーバーを使用している場合は、新たに KMS ホストを作成する必要があります。

そして、次の修正プログラムを適用する必要があります(既存の KMS サーバーも同様です)。

Update that enables Windows 8.1 and Windows 8 KMS hosts to activate Windows 10

Volume Licensing Service Center (VLSC) から Windows10 用のプロダクトキーをダウンロードして、インストールします。修正プログラムをインストールせずにライセンスキーを入力すると、以下のエラーが出るようです。

0xC004F015

Error details
0xc004f042 – SL_E_VL_KEY_MANAGEMENT_SERVICE_ID_MISMATCH

The Software Licensing Service determined that the specified Key Management Service (KMS) cannot be used.

参考情報:

Error 0xC004F015 when you try to activate Windows 10 Enterprise on a Windows Server 2012 R2 KMS host

以上のことから、Windows Server 2012 / 2012 R2 を KMS ホストとして運用する(Windows8 / 8.1 でもWindows10はクライアントなので クライアント認証専用 KMS ホストとして運用可能)必要があるので、基本的にボリュームライセンス認証ツールを使用することになるでしょう。このツールを使用すれば、ウィザードに従ってキーをインストールするだけで KMS ホストの構築が可能です。

Windows10 を MAK で認証後、KMS 認証に変更したい場合は KMS キーに変更します。

Appendix A: KMS Client Setup Keys

Windows10 の KMS キーが公開されていますので、参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*