Outlook 2007ではデフォルトゲートウェイが必要

さて、トラブル対応の続きです。

実は、ネットワークの大幅変更がありクライアントのデフォルトゲートウェイをなくしました。その後、数名がExchange 2007サーバーに接続できないということが起こったんです。

そこでトラブルシューティングです。

なぜかクライアントソフトがOutlook 2003ならつながるんです。エラーが発生する端末のクライアントソフトウェアはOutlook 2007です。当社ではDHCPを使用しているので試しにデフォルトゲートウェイをRUOTE ADDコマンドで追加しました。しかし治らない・・・

その後つながらない人がどんどん増えてきました~~~~

どうやらDHCPのリース更新でデフォルトゲートウェイが無くなった人がつながらなくなることがわかりました。ということでクライアントにはデフォルトゲートウェイを追加することにしました。たとえ同じセグメントにExchnageがあっても必要なんですね。

参考情報

Error messages when you try to connect Outlook 2007 to Exchange Server: “The action cannot be completed” or “Your Microsoft Exchange Server is unavailable” or “Cannot start Microsoft Office Outlook”

わかったことはExchange 2007とOutlook 2007の組み合わせの際には必ずクライアントにはデフォルトゲートウェイを入れないといけないということでした。

なんだかな~~~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*