Hyper-Vのエクスポート・インポートに関して

■エクスポート・インポート機能

仮想マシンの構成情報、スナップショットの情報を含めて仮想マシンを移動する機能

仮想マシン毎に保持する関連ファイルを一括処理
・構成ファイル(.xml)
・仮想ディスク(.vhd)
・状態データ(.bin、.vsv)
・スナップショット(.avhd)

エクスポート

構成ファイルのみのエクスポートが可能

インポート

インポート時にIDの再使用可能
ただし、同一ホストに同じGUIDの仮想マシンがすでに存在する場合は、インポートエラーとなる

■エクスポート・インポート利用上の留意事項

パススルーディスクはエクスポート・インポートできない

より確実に仮想マシンの移動を行うには、全てのスナップショットを削除し、仮想マシンを停止した状態でエクスポートを行うことを推奨

仮想ネットワーク構成の設定
・<外部ネットワーク>の構成情報は、インポート時に初期化される。インポート後に、再設定する必要がある
・<内部ネットワーク>または<プライベートネットワーク>の構成情報は、同名の仮想ネットワークがある場合のみネットワーク情報も復元される

オフラインバックアップの手段として、エクスポートを使用する際は外部ネットワークの構成をインポート後に再構成する必要があることに注意する必要がある。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*