Cent OS 5.8 に IS 3.4をインストールする

どうやら、正式にCent OS 5.8 に Hyper-V の Linux Integration Services Version 3.4 for Hyper-V  が対応したようです。

以前、Asterisk NOW のインストールを行いました。その時は、Linux Integration Services Version 2.1を無理やり入れて何とかしましたが、正式対応はいいですね。

実は、仮想化ホストを Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2012 に移行して、Asterisk をエクスポート&インポートで対応したのですが、うまく動いてくれませんでした。しようがないので、再インストールを行い、最新の IS をインストールしてみました。しかし、なんだかちょっとはまりましたので、備忘録として載せておきます。

まずは、Hyper-V の設定から

WS000000

ポイントはインストール時は統合サービスが導入されていないので、レガシーネットワークしか使えないことですね。

そして、今回も同様にCent OS 5.8 ベースの Asterisk NOW をインストールします。

WS000001

いろいろとさわってみてわかったのは、FreePBX はよくわからないことでした。よって、今回は Asterisk のみのインストールにします。

そして、ウィザードに従いながらインストールします。root でログオンしたら次のコマンドを実行します。
(前提としてネットワークがDHCPで動いていてインターネットに接続されている環境になります)

#開発ツールのインストール

yum groupinstall “Development Tools”

そしてISをインストールします。まず、ISを仮想DVDドライブに接続します。

#ISのインストール

mount /dev/cdrom /media

cd /media/RHEL58

./install-rhel58.sh

#時刻同期に必要なモジュールのインストール

yum install adjtimex
shutdown -h -t 0 0

#キーボードが英語なので日本語に変更

/etc/sysconfig/keyboard
KEYTABLE=”jp106″

/etc/X11/xorg.conf
Option “XkbModel” “jp106”
Option “XkbLayout” “jp”

さて、これで統合サービスがインストールされたので、レガシーネットワークを削除して、ネットワークアダプタに付け替えます。以前はこれでうまく動いたのですが、今回は動いてくれません。

「system-config-network 」などを使用してネットワーク設定を行なって設定しましたがダメでした。

では、どうすればいいか?

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

/etc/sysconfig/networking/devices/ifcfg-eth0

/etc/sysconfig/networking/profiles/default/ifcfg-eth0

存在するすべてのifcfg-eth0 を一旦削除します。

手動で/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を作成します。

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp

これで、まずは認識させます。

その後、system-config-network などを使ってネットワーク設定を行います。

これで問題なく動きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*