VMM エージェントのインストール

備忘録として載せておきます。

VMM エージェントのプッシュインストールが失敗する場合、ほとんどの原因がFWです。

これは昔から変わっていないな~。よくわからないのが、私の記憶が確かなら勝手に開けてくれることもあったんです。でも空けてくれない場合は手動でFW設定を変更しなくはいけません。

VMMエージェントFW

ファイルとプリンターの共有(SMB受信)

を許可します。たまにどれだっけ?と忘れてしまうことがあるのでね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] MCTの憂鬱 VMM エージェントのインストールにインスパイアされて、コマンドを調べてみました。 グループと、名前の両方を記載しておきます。 Netsh netsh advfirewall firewall set rule group=”ファイルとプリンターの共有” new enable=Yes netsh advfirewall firewall set rule name=”ファイルとプリンターの共有 (SMB 受信)” new enable=Yes PowerShell powershell -command “Set-NetFirewallRule -DisplayGroup ‘ファイルとプリンターの共有’ -Enabled True” powershell -command “Enable-NetFirewallRule -DisplayGroup ‘ファイルとプリンターの共有’” powershell -command “Set-NetFirewallRule -DisplayName ‘ファイルとプリンターの共有 (SMB 受信)’ -Enabled True” powershell -command “Enable-NetFirewallRule -DisplayName ‘ファイルとプリンターの共有 (SMB 受信)’” […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*