VMM からの Hyper-V Cluster 構成

今回は VMM から Hyper-V Cluster 構成を行ってみました。

そもそも、System Center 2012 VMM よりこの機能はありました。そうです、ありましたが実は日本語環境では動かなかったのです!

なんとKBも出ています。なんともまあ、大人の事情でできるとは言っていませんでした。あくまでも機能がありますと(笑)

“Install cluster” job fails with Error 25310 when using the Japanese version of System Center 2012 Virtual Machine Manager
http://support.microsoft.com/kb/2685730/ja?wa=wsignin1.0

しかし、SC2012SP1 では問題なく動くということを聞きましたのでテストしてみました。

VMM コンソールより [ファブリック] を選択し、ラベルの作成から [Hyper-V] クラスターを選択します。

WS000000

クラスター名とアカウントを指定します。

WS000002

クラスター化するホストを選択します。

WS000004

ディスクの設定をします。ホスト側では事前に接続まで行っておきます(オンラインにする作業は必要ありませんでした)。そうそう、CSVの設定もこちらで行います。画面には見えていませんが、右端にちゃんとチェックがありますので忘れないように。

WS000007

あとはウィザードにしたがって進めれば大丈夫です。無事出来上がりました。

add-cluster

気になる点としては、クラスターホストのプロパティより [移行の設定] が行えます。この設定は Windows Server 2012 よりサポートされた非クラスター環境でのライブマイグレーションの設定になります。ですので、クラスターを構成した場合はこのチェックを外したほうがいいと思います。

検証したところ、このチェックを外すとクイックマイグレーションになることが判明。ですので、チェックは必要という結果になりました。よって、この設定はすべてのライブマイグレーション制御として有効になります。となると、サブネットの設定がなんだか納得いかない。今のところ有効な方法は、[使用できるネットワークを使用する] にチェックかな?

[次のIPサブネットを使用する] はなんだか怪しい・・・・そもそも、この設定を変更しても再度開くと元に戻るし!

WS000014

ですので、クラスターを構築した場合のライブマイグレーションの設定はクラスターで行うのが正解だと思います。

WS000016

ここら辺のドキュメントが見当たらないのであくまでも推測の域を出ませんが、何か情報が入ったらまた記載します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*