Bitlocker To Goを試す

さて、Windows7(Windows Server 2008 R2)から新しく搭載されたBitlocker To Goを試しました。

そもそも、Bitlocker To Goとは何か?

BitLocker To Goは、Windows 7やWindows Server 2008 R2で新たに採用された、USBメモリなどリムーバブルディスクを暗号化する機能になります。BitLocker To Goを使えば、USBメモリの内容を自動的に暗号化することができるんですね。

今までは各メーカーごとに専用のアプリが用意されていてそれを使用していましたが、これからはメーカー関係なく使用できるということですね。

ということでUSBメモリを暗号化してみます。

コントロールパネルより「BitLockerドライブ暗号化」を選択します。

後はUSBメモリに対して、BitLockerを有効にするをクリックしてウィザードに従って設定をするだけ

WS000000

まずはパスワードの設定

WS000001

回復キーをとりあえずファイルに保存します

WS000002

保存場所の指定

WS000003

そして暗号化の開始です

WS000004

2GのUSBですが結構時間がかかりました。10分以上はかかったな

WS000005

終了です

WS000006

終了するとBitLockerの設定を行うことができます

WS000007

私は自動的にロックを解除する設定にしました。これで暗号化を意識せずに使用できます。

ちなみにVistaやXPでは[BitLocker To Go Reader]がUSBに入っているのでそれを起動してパスワードを入力すれば、読み取り専用として使用することができます。

USB暗号化の目的は、やはりUSBメモリの紛失時にデータが漏れることですので、通常使用時は自動的に解除でもいいのかな~なんて思っています。これなら使い勝手も今までと何ら変わりありませんしね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*