System Center 2012 SP1 におけるSQLの照合順序

System Center 2012 SP1 が出ていますが、SQLサーバーの照合順序に関してまとめているサイトが見当たりません。

そこで、現状で発見できた内容をまとめておきます。

SCCM
SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg682077.aspx

Orchestrator
SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS
http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh420361.aspx

Service Manager データベース
Japanese_XJIS_100_CI_AS
Service Managerデータウェアハウス
Japanese_XJIS_100_CI_AS

Operations Manager データベース
Japanese_CI_AS
Operations Manager データウェアハウス
Japanese_CI_AS

http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/11/28/3535133.aspx

DPM
記述なし
http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj852163.aspx

VMM
記述なし
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg610574.aspx

App Controller
記述なし
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg696046.aspx

2013/2/28 追記

パートナー向け資料に日本語環境で使用するSQL照合順序の推奨が明記されました。

DPM

Japanese_CI_AS

VMM

SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS

App Controller

Japanese_XJIS_100_CI_AS

ただし、他の照合順序でもサポートします。

となります。記述されていないものに関してはデフォルトの「Japanese_CI_AS」で問題ありません。

また、クラスター上に展開されているSQLをサポートしないものもありますので注意が必要です。これらのことからできる限り1製品1SQLサーバーという対になるような展開が安全かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. クラウド時代のシステム管理 » Blog Archive » App ControllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド Part1:準備編 より:

    […] System Center 2012 SP1 におけるSQLの照合順序 – “MCTの憂鬱”より […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*