外付けUSBドライブからWindows7の起動

基本的に外付けUSBからのOS起動はできませんでしたが、VHDブートを使用することによって起動できることが確認できました。

作成するには前提として、Windows7 or Windows Server 2008 R2 がインストールしてある

以下手順

  1. インストールDVDから起動
  2. 今すぐインストールを行うの次の画面、インストール先を選ぶ画面で Shift+F10
  3. コマンドプロンプトを呼び出し、これからWindows7をインストールするドライブにVHDを作成する(たいていDドライブ)
  4. フォルダを作成する
    mkdir D:VHD
  5. VHD作成
    Diskpart
    create vdisk file=D:VHDWin7.vhd maximum=12288 type=fixed
  6. 作成したVHDをマウントする
    attach vdisk
  7. Diskpartを終了させ、止めていたインストール画面にALT+TABで戻る
  8. 最新の情報に更新を行い、マウントしたVHDが表示されているのを確認する
  9. VHDへのインストールを選択し、エラー表示を無視してインストールを行う
  10. インストール終了後デュアルブートになっているので、そのままWindowsが起動するのを待つ
  11. VHDから起動したWindowsのレジストリを修正する(regedit→USB関連の起動を自動にする)
    HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/ControlSet001/Services/usbehci
    Startの値を0
    Groupの値をSystem Bus ExtenderHKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/ControlSet001/Services/usbhub
    Startの値を0
    Groupの値をSystem Bus Extender

    HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/ControlSet001/Services/usbstor
    Startの値を0
    Groupの値を新規作成し、値をSystem Bus Extender
    TagのDWORD値を新規作成し、値を3

    HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/ControlSet001/Services/usbuhci
    Startの値を0
    Groupの値をSystem Bus Extender
    ※ControlSet001以外にControlSetがある場合は全て変更する

    修正後VHDブートしたWindowsはシャットダウンする

  12. ここからインストールした内蔵HDDのWindowsから操作を行う。インストールDVDも使用するのでDVDをドライブにいれておく。
    外付けUSBを繋ぎ、コマンドプロンプトを起動
    diskpart
    select disk 1
    Clean
    create partition primary
    assign letter=Z
  13. Z:ドライブとしてマウントした外付けUSBの直下にD:ドライブにあるwin7.vhdをコピーする
  14. 外付けUSBディスクにブートローダーを書き込む(BootsectはインストールDVDのBootフォルダの中にある)
    Bootsect /nt60 z: /force /mbr
  15. Windows7のVHDファイルにブートローダー情報を書き込むため、VHDをR:ドライブとしてマウントする
    diskpart
    select vdisk file=Z:Win7.vhd
    attach vdisk
    assign letter=R
    exit
  16. ブート情報をマウントしたWindows7のVHDファイルに書き込む
    bcdboot R:windows /s z:
    Rは外付けUSBからマウントしたVHDのドライブレター
    Zは外付けUSBのドライブレター
  17. 外付けUSBに書き込んだBCDを修正する
    BCDEditは管理者権限でないと変更できないので、cmdをShiftを押しながら右クリックでcmdを管理者から起動を選ぶ
    BCDEdit /STORE R:BootBCD /set {default} description “USB Win7”
    BCDEdit /STORE R:BootBCD /set {default} local ja-JP
    BCDEdit /STORE R:BootBCD /set {default} detecthal on
    BCDEdit /STORE R:BootBCD /set {Bootmgr} local ja-JP/store で外部のBCD修正、ブートファイルの書き込みを行うとデフォルトでen-USなのでja-JPへ変更
    detecthal onでハードウェアの情報を検出する
  18. マウントしたVHDをアンマウントする
    diskpart
    select vdisk file=Z:Win7.vhd
    detach vdisk
    exit
  19. 再起動してUSBからブートできるようにBIOS設定後、USBデバイスからブートでUSBにあるVHDからWindows7が起動する
  20. 外付けUSBディスクのVHDからブートしたWindowsのUSB関連のレジストリが元に戻っている場合があるので、11のレジストリを再度見直しを行う
  21. アクセサリ>システムツール>ディスクデフラグツールより自動実行を無効にする
  22. システムのプロパティのシステムの保護タブの構成>システムの保護を無効にする
  23. 完了
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*