Windows Server 2008 R2 導入後に行うべき設定

導入後に行う設定

Windows Server 2008 R2 を導入して運用している方は多いと思いますがが、意外と忘れがちな設定を列挙しておきます。(これ以外にもあるかもしれませんが、とりあえず備忘録として記述しておきます)

  • ウイルスソフト導入後の除外設定
  • 信頼性モニターの設定
  • GPOのセントラルストアの設定
  • Active Directory Recycle Bin
  • Sysvol レプリケーション
  • DNSの清掃とエージング
  • バックアップソフトのインストールとスケジュール設定

ウイルスソフト導入後の除外設定

ウイルススキャンの除外設定に関して

こちらを参考に行うことができます。

信頼性モニターの設定

Windows Server 2008 では信頼性モニターがデフォルトの状態は有効でした。これはトラブルシューティングの際にかなり役に立つツールになります。しかしながら、R2ではデフォルトの状態では無効になっています。よって、いざトラブルが発生して信頼性モニターを起動しても使えないのです。

そこでWindows Server 2008 R2 の信頼性モニターを有効にするには次の通り。

レジストリ

HKLMSOFTWAREMicrosoftReliability AnalysisWMI
WMIEnabile⇒1

タスクスケジューラー

MicrosoftWindowsRACの「RacTask」を編集する

トリガーの「指定日時」を編集

設定
1回 および開始時刻の設定

詳細設定
「遅延時間を指定する(ランダム)」にチェック(例:15分間)
「繰り返し間隔」にチェック(例:1時間)
「継続時間」(例:無制限)
「有効」にチェック

以上の設定を行うと、信頼性モニターの記録が開始される

GPOのセントラルストアの設定

GPOの管理用テンプレートは、デフォルトの状態ではローカルから取得されています。やはり、これはセントラルストアからの取得に変更するべきでしょう。

グループポリシーのアーキテクチャ~その1~

こちらを参考に行うことができます。

Active Directory Recycle Bin

R2の新機能であるADのごみ箱機能です。デフォルトでは有効になっていません。よって、有効にしましょう。しかし、前提としてフォレスト機能レベルを「2008 R2」にする必要があります。

Active Directory Recycle Binに関して~その1

こちらを参考に行うことができます。

Sysvolレプリケーション

Sysvolレプリケーションは導入時のドメイン機能レベルが Windows Server 2008 の場合はDFSRが使用されますが、それ以外の場合はFRSが使用されます。よって、既存環境のバージョンアップなどでは最初は機能レベルがWindows Server 2003 などで、その後Windows Server 2008 にすることがあると思います。そのような場合は、SysvolレプリケーションをDFSRに変更することができます。

SYSVOL レプリケーション移行ガイド: FRS から DFS レプリケーション

DNSの清掃とエージング

意外と忘れがちな、DNSレコードのお掃除設定です。

DNS に対してエージングと清掃を有効にする

こちらを参考に行うことができます。

バックアップソフトのインストールとスケジュール設定

デフォルトではバックアップソフトはインストールされていません。Windows Server バックアップを使用するなら、機能よりインストールしましょう。そして、スケジュール設定を行い定期的にバックアップを行う設定にしましょう。

他にもいろいろあると思いますが、意外と忘れがちな項目を列挙しておきました。

Windows Server 2008 R2 導入後に行うべき設定~Network編

も参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*